ランバイエケ観光スポット、シパン王墓博物館・ブルーニン博物館

ペルー、観光スポット、博物館
Pocket

今回は、ランバイエケ県ランバイエケが代表する観光スポット、シパン王墓博物館・ブルーニン博物館をご紹介します。

どちらの博物館もプレインカ時代の発掘されたたくさんの黄金が展示されています。

シパン王墓博物館 Museo Tumbas Reales de Sipan

ランバイエケおすすめ観光スポットの一つは、シパン王墓博物館 Museo Tumbas Reales de Sipanです。

シパン王墓博物館 Museo Tumbas Reales de Sipanの住所は、Juan Pablo Vizcardo Y Guzman 895, Lambayeque です。

チクラーヨからは、コンビが出ていて、ランバイエケまで1.5ソレスです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

赤いピラミッドのような建物が目印です。

入場料は、10ソレスです。

月曜日が休刊日で、営業は朝9時から夕方5時までです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

中は他の博物館と比べると警備が厳重で、荷持つは預けなければなりませんし、撮影禁止です。

そして、所狭しと監視カメラがあります。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

シパン王墓博物館 Museo Tumbas Reales de Sipanは、ワカ・ロハダ遺跡という紀元100年から600年頃まで栄えたモチェ王国のシパン王の墓から見つかったたくさんの貴重な金銀財宝などの品々が扱われています。

写真が取れなかったのが残念です。

ちなみに、シカンとシパンは似ていますが、シカンは文明の一つで、モチェ文明とチムー文明の間に位置しています。シパンは場所の名前です。

シパン王墓博物館 Museo Tumbas Reales de Sipanは、かなり見ごたえのある博物館で、おすすめです!

ブルーニン博物館 Museo Arqueologico Nacional Bruning

ランバイエケのもう一つのおすすめ観光スポットの一つは、ブルーニン博物館 Museo Arqueologico Nacional Bruningです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

ブルーニン博物館 Museo Arqueologico Nacional Bruningの住所は、Huamachuco con Atahualpa, Lambayeque です。

ブルーニン博物館 Museo Arqueologico Nacional Bruningは、シパン王墓博物館 Museo Tumbas Reales de Sipanの目と鼻の先です。

ブルーニン博物館 Museo Arqueologico Nacional Bruningの入場料は、8ソレスです。

年中無休で、9時から5時までです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

結構広く見ごたえのある博物館です。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

ブルーニン博物館 Museo Arqueologico Nacional Bruningは、撮影OKです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

ブルーニン博物館 Museo Arqueologico Nacional Bruningでは、ランバイエケ文化やモチェ文化について扱われています。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

やはり印象的なのは、たくさんの金銀財宝です。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

まさにモチェ文明は黄金の文明だったと言っても過言ではなさそうです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

シカンの黄金の仮面も展示されています。これは有名ですよね。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

本当にプレインカ時代にもたくさんの黄金が取れたことがわかります。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

さらに、ただ黄金が取れただけではなく、高度な製造技術や細工の技術を持っていたことがわかります。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

さらに、たくさんのアクセサリが発見されたようです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

着飾るという文化がモチェの文明ではあったようですね。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

けっこうモチェ文明はおしゃれだったと思われます。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

金銀のアクセサリだけでなく、ビーズなど多種多様なアクセサリーを楽しんだようです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

もしかすると、着飾るというの神格化する上での一つの方法だったでしょう。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

これらのアクセサリーには、宗教的な意味合いが強かったのかもしれませんが、アクセサリーなどに気を配ることができるほど平穏な時がモチェ文明では、流れていたのかもしれません。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

モチェ文明は結構ユニークなセンスを持っていたことがわかります。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

自分をよく見せることに強い意識を持っていたことから、誇り高き民族であったこともわかります。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

本当にたくさんのアクセサリが使用されていました。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

シカンのだいぶ顔がやられた仮面はちょっとかわいそうな感じになっていました。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

セラミカと呼ばれる土器の製造にもたけていました。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

ユニークなおさるさんとバナナの土器です。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

こちらはおさるさんとトウモロコシです。かわいいですね。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

こちらは、とうもろこしの山です。とうもろこし好きだったのでしょうか?

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

へびさんです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

全体的にセンスがかわいいです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

織物の技術も大変優れていました。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

裁縫道具をしまう裁縫道具入れまできちんとあったようです。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

興味深いのはもみじおろし器があったという事です!結構合理的です。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

骨でできた笛もたくさん見つかっています。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

そして、土器でできたかわいらしいオカリナもたくさん見つかっています。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

モチェ文明はそれぞれの仕事の職人が多くいたことがわかります。下記の写真は木造のプロフェッショナルがいたことの証拠です。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

ミイラと骸骨

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

かわいそうに犠牲になった人ですね。

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

ペルーでは、人間のいけにえが当たり前の時代がありました。どれだけの人が犠牲になったのでしょうか?

ペルー、観光スポット、博物館

ペルー、観光スポット、博物館

ブルーニン博物館 Museo Arqueologico Nacional Bruningは、その当時の生活を垣間見ることができ、とても興味深い博物館です。

まとめ

ランバイエケ県ランバイエケが代表する観光スポット、シパン王墓博物館・ブルーニン博物館は興味深いです。

モチェ文明は学ぶだけでなく、技術を教えることも文化の一つだったのかもしれません。

それでは、ブエン・ビアへ! ¡Buen Viaje!


にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村






ただの旅じゃ飽き足らない!
WannaTripならそんなあなたの旅に楽しいスパイスを加えるオプショナルツアーを多数ご用意!
まずはツアーをチェック



ペルー、観光スポット、博物館

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です