ペルー・クスコの中心地アルマス広場の近くにある地元旅行代理店でマチュピチュ・ツアーを購入してみた際のツアー概要!外国人観光客料金とペルー外国人証明書を持っている際の料金の差

Machupicchu, マチュピチュ, ツアー, 旅行
Pocket

ペルー・クスコの中心地アルマス広場の近くには、たくさん地元旅行代理店があり、観光客の呼び込みをしています。

通常は、日本の旅行代理店でツアーを既に申し込み、マチュピチュ観光に来られると思います。

しかし、地元クスコでマチュピチュ・ツアーを申し込んだ際の料金はどうなのでしょうか?

そこで、今回は地元クスコでマチュピチュ・ツアーの購入してみた際のツアー概要と外国人観光客料金とペルー外国人証明書を持っている際の料金の差をご紹介したいと思います。

地元クスコの旅行代理店 Centenario Travel Expeditions センテナリオ・トラベル・エクスペディシオンズ

今回は、信頼できる地元クスコの旅行代理店、Centenario Travel Expeditions センテナリオ・トラベル・エクスペディシオンズで、マチュピチュ・ツアーを購入しました。

ペルー, クスコ, 旅行, 代理店, ツアー

ペルー, クスコ, 旅行, 代理店, ツアー

Centenario Travel Expeditions センテナリオ・トラベル・エクスペディシオンズは、クスコの数ある地元旅行代理店の中の一つですが、とても小さな会社で、まさに、地元のクスコの旅行代理店です。

住所

Calle Plateros 351, Cusco

ホームページ

http://centenariotravel.com/en/

クスコ市発マチュピチュ遺跡一泊二日のツアー概要

今回は、とてもリーズナブルなクスコ市発マチュピチュ遺跡一泊二日の弾丸ツアーに申し込んでみました。

スケジュールとツアー概要は以下の通りです。

朝6時半に、そのオフィス手前から旅行会社のミニバンでクスコ市を出発し、Ollantaytambo オヤンタイタンボに向かいます。

朝11時50分発の電車ペルー・レイル Peru Rail に乗車し、マチュピチュ村アグアス・カリエンテス Aguas Calientes に向かいます。

食事は、付いていないので、各自自由に食べます。

午後は、自由行動です。

マチュピチュ村アグアス・カリエンテス Aguas Calientes の名前の由来にもなっている温泉に入りに行くこともできます。

夜は、マチュピチュ村アグアス・カリエンテス Aguas Calientes で、ホテルに1泊します。

次の日の朝、5時半頃から並び、6時にマチュピチュ行きのバスに、乗り込みます。

ガイド付きで2時間、マチュピチュ遺跡を見学した後、自由行動です。

午後マチュピチュ遺跡を離れ、バスに乗り、電車に乗り換え、最後はミニバンで、クスコ市に帰ってくるというツアーです。

同じツアーで、外国人観光客料金とペルー外国人証明書を持っている際の料金の差

上記のマチュピチュ・ツアーですが、まったく同じプランで、外国人観光客料金とペルー外国人証明書を持っている際の料金の差を比べてみるととても大きな違いがあることが明白です。

上記のツアーの際、外国人観光客として、購入した際、一人820ソレス、つまり、日本円で、訳27610円でした。

しかし、外国人証明書 Carné de Extranjería を持っている場合、ペルー人一般の料金になりますので、一人300ソレス、つまり、日本円で、約10100円でした。

まったく同じツアーですが、この格差たるやすごいです。

まとめ

日本の旅行代理店の飛行機の航空券も全て込みのツアーが一番安心、安全ですが、安く済ませたい、自由に旅行した後に自分で自由に決めたいなどという方などがおられましたら、参考にして頂ければと思います。

クスコの外国人証明書 Carné de Extranjería を持っていても、乾季の時期の繁忙期は、基本一般ペルー人と同じように入場料金が必要になります。

それでは、ブエン・ビアヘ! Buen Viaje! 良い旅を!



にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村




Machupicchu, マチュピチュ, ツアー, 旅行

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • 地元クスコでマチュピチュ・ツアーを申し込んだ際の料金はどうなのでしょうか?外国人観光客料金とペルー外国人証明書を持っている際の料金の差をご紹介したいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!