2019年5月26日ペルー北部を襲ったマグニチュード8.0 の大地震被害状況

ペルー, 北部, 地震, 落石
Pocket

2019年5月26日、日曜日2:41am ペルー北部をマグニチュード8.0 の大地震が襲いました。

ペルーに在住しているご家族がおられる方や旅行中のご友人がおられる方など心配されておられることと思います。

現在の被害状況をお伝えいたします。

2019年5月26日、日曜日2:41am ペルー北部を襲ったマグニチュード8.0 の大地震の被害状況

ペルーの北部といってもペルーの国土は、日本の国土の3倍もあるため、北部全土に被害が出ているわけではありません。

震源地は、ペルー、ロレート県アルト・アマソナスです。

震源の深さは、141km でした。

Iquitos イキートスがあるのが、Loreto ロレート県で、そのロレート県にある Yurimaguas ユリマグアス Iquitos イキートスから船で約3日の距離にある大きな街の被害が大きかったです。

基本的に言って、ペルー北東部ジャングル地帯が被害地区となります。

被害は、ジャングル地帯一部のエクアドル、コロンビア、ブラジルでもでています。

ジャングル地帯ではないペルー北部の海岸地帯 Piura ピウラ、Chiclayo チクラーヨ、Trujillo トゥルヒーヨ、ジャングル地帯 Moyobamba モヨバンバなどでは、被害は出ておりません。

被害が出たのは、ジャングル地帯の Loreto ロレート県 Yurimaguas ユリマグアスを始め、San Martin サン・マルティン県 Tarapoto タラポート、そして、アンデス地帯の Cajamarca カハマルカで、被害が出ています。

カハマルカの落石で、一人が死亡しました。

それ以外に、11人の重軽傷者が確認されています。

約150世帯で、倒壊や半壊という被害が出ています。

停電や断水などの被害も出ており、未だ予断のならない状況です。

まとめ

カハマルカやイキートス、チャチャポーヤスなどに旅行をお考えの方、未だ余震の心配がありますので、十分警戒され、地震情報に注意を払われてください。

余震以外にも土砂崩れや強盗などの二次災害の危険もありますので、警戒されてください。

リマやクスコにご旅行をご検討の方は、問題ございませんので、ご安心ください。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】


ペルー, 北部, 地震, 落石

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です