マッチ売りの少女ならぬペルー薬草売りの少女。貧しい子どもの現実

ペルー, 薬草, 貧しい, 子ども
Pocket

ペルー・アンデス版のマッチ売りの少女の物語ならぬ薬草売りの少女として、家計を支えている貧しい子どもたちの現実があります。

ペルーは、物価が上がり、生活が少し良くなってきているとはいえ、未だほとんどの人が貧しい生活を強いられています。

特に、アンデスの田舎に住んでいる子どもたちは、貧しいです。

アンデス地方の貧しい子どもたちがクスコ市に出てきてお金を稼ぐ方法

アンデス地方の貧しい子どもたちがクスコ市に出てきても、たいした仕事ができるわけではありません。

基本的に、貧しいにも関わらず、たくさんの子ども達がいるので、少し大きくなった子どもに親は仕事を与えます。

少し大きくなったといっても、小学生ぐらいですが。

たとえば、アンデスにはえている薬草を摘んできて、一束 1ソルとして、売りに歩かせるのです。

売店や商店を訪ねては、薬草はいらないですか?と販売します。

残念ながら、確かに薬草は元手がかからないですし、すばらしい効能があるのですが、効能がある特定の分野に限定されてしまい、他にあまり用途が少ないことから、あまり売れません。

他にも物乞いをさせたり、楽器のギロチンをもたせ、バスの中で一曲歌わせたりもします。

ただ音楽の授業など受けたこともない子どもが歌を歌うので、正直ド下手で、聞くに耐えない騒音を奏でてくれます。

必然的にあまり稼げません。

まとめ

アンデスの貧しい子どもたちの中には、生計を助ける為、クスコ市にやってきて働かされることがあります。

薬草売りの少女たちは、今日も今日とてがんばっています。


にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村




女性ホルモンの専門家が作った、女性のためのハーブティー



「なんとなく調子が悪い」に働きかける
カラダがよろこぶ enherbのハーブティー




プリザーブドフラワー、アートフラワー(造花)、花器のことなら!【east side tokyo】

ペルー, 薬草, 貧しい, 子ども

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • ペルー・アンデス版のマッチ売りの少女の物語ならぬ薬草売りの少女として、家計を支えている貧しい子どもたちの現実があります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!