クスコ・ケチュア語の挨拶!インカ帝国の3つの掟 Ama Sua, Ama Llulla, Ama Quella は、昔クスコ・ケチュア語の挨拶だった!

ペルー, クスコ, インカ, ケチュア, 挨拶
Pocket

今現在でもペルー・クスコでは、日常的にインカ帝国の公用語であったクスコ・ケチュア語 Runasimi ルナセィミが話されています。

今では、いくつかのペルー・スペイン語、カスティヤーノ Castillano で使用されている単語が、ケチュア語を話す人々の日常的な単語になったりもしているので、実際にインカ帝国時代に話されていた純粋なケチュア語ではなくなっています。

そのため、今では、クスコ・ケチュア語を話すお母さん、マミータ Mamita やお父さん パパー Papá も、スペイン語の「おはようございます」に相当する Buenos dias! ブエノス・ディアス、 「こんにちは」に相当する Buenas tardes! ブエナス・タルデス、「こんばんは」に相当する Buenas noches! ブエナス・ノーチェスが、使用されています。

しかし、昔ペルーがまだインカ帝国であった時代、インカの人たちの間で交わされた挨拶は違ったものでした。

その挨拶とは、インカの合言葉、ならぬ、インカの掟、法律であり、一番大切で、決して破ってはいけないものだったのです!

インカ帝国時代のケチュア語 Runasimi ルナセィミの挨拶と3つの掟

インカ帝国時代のケチュア語 Runasimi ルナセィミの挨拶は、「Ama Sua アマ・スア、Ama Llulla アマ・ユヤ、Ama Quella アマ・ケヤ」でした。

「Ama Sua アマ・スア、Ama Llulla アマ・ユヤ、Ama Quella アマ・ケヤ」とは、直訳すると、Ama Sua アマ・スア 「盗むな」、Ama Llulla アマ・ユヤ 「嘘をつくな」、Ama Quella アマ・ケヤ 「怠けるな」という意味です。

インカ帝国時代、盗んだ者、嘘をついた者、怠け者には、死刑という絶対破ってはいけない3つの掟があったわけです。

ペルー, クスコ, インカ, ケチュア, 挨拶

ペルー, クスコ, インカ, ケチュア, 挨拶

ペルー, クスコ, インカ, ケチュア, 挨拶

ペルー, クスコ, インカ, ケチュア, 挨拶

ペルー, クスコ, インカ, ケチュア, 挨拶

ペルー, クスコ, インカ, ケチュア, 挨拶

その掟を忘れない為、挨拶の際に、「Ama Sua アマ・スア、Ama Llulla アマ・ユヤ、Ama Quella アマ・ケヤ」と言っていたというのです。

現在では、使われなくなった挨拶ではありますが、インカ帝国時代、正直と勤勉が大切だったわけですね。

ちなみに、スペイン語には、いつ何時でも使うことができる、英語の Hi! Hello! にあたる Hola! オラという挨拶がありますが、Hola! オラという挨拶は、昔の習慣、伝統を大切にしているクスコ・ケチュア語を話すお母さん、マミータ Mamita やお父さん パパー Papá には、毛嫌いされ、馬鹿者呼ばわりされるので、使用しない方が良いと思います。

まとめ

インカ帝国の3つの掟 「Ama Sua アマ・スア (盗むな)、Ama Llulla アマ・ユヤ (嘘をつくな)、Ama Quella アマ・ケヤ (怠けるな)」 は、昔クスコ・ケチュア語の挨拶でした。

人として、決して破ってはいけない掟を忘れない為、インカ帝国に人々が顔を合わせるたびに言い合っていました。

現在では、スペイン語と同じく「おはようございます」Buenos dias! ブエノス・ディアス「こんにちは」Buenas tardes! ブエナス・タルデス「こんばんは」Buenas noches! ブエナス・ノーチェスです。

それでは、また!Hasta Pronto! アスタ・プロント!



にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村



EPARKスクール



旅の指さし会話帳mini


ペルー, クスコ, インカ, ケチュア, 挨拶

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • 昔ペルーがまだインカ帝国であった時代、インカの人たちの間で交わされた挨拶は、インカの合言葉、ならぬ、インカの掟、法律であり、一番大切で、決して破ってはいけないものだったのです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!