ペルー・マチュピチュ観光に行く際の服装は?

ペルー, マチュピチュ, 観光, 服装
Pocket

ペルーの世界遺産で、人生で一度は行きたい場所、ナンバーワン古代天空都市マチュピチュ遺跡に、訪れる際の服装は、どのような格好が良いのでしょうか?

南米だから、暑いのだろうかと思う方もおられるかもしれませんし、古代天空都市とも言われるマチュピチュ遺跡なので、標高が高く、寒いだろうかと思う方もおられるかもしれません。

今回は、そんな服装についての疑問について、お答えしたいと思います。

クスコ市での服装

日中、陽が出た際

首都リマで観光せずに、マチュピチュ遺跡観光にだけ、直接来られる方が多いと思いますので、まず降り立つクスコ市での服装から、ご説明します。

クスコ市での服装ですが、日中陽が出ると、気温はさほど上がらないのですが、体感温度でとても熱くなります。

そのため、暖かくて、それでもすぐに脱げて、かさばらないウルトラ・ライト・ダウン・ジャケットなどを羽織っておくと良いと思います。

陽が落ちた後

陽が落ちた後、クスコ市の気温は、だいぶ下がります。

なので、暖かい服装が必要です。

ホテルの中は、暖かいですが、外に出る際は、ニット帽、マフラー、ヒートテックのような下着、タイツ、暖かい靴下、手袋などが、冬の格好がおすすめです。

荷物が思いので、日本から持ってくるのが面倒な方は、現地クスコで暖かいアルパカベイビー・アルパカの製品を購入されて、身につけられる事をおすすめします。

ペルーで絶対買いたいとても暖かアルパカ・ビクーニャ製品

マチュピチュ村 (アグアス・カリエンテス村) での服装

クスコ市は、標高が約3400メートルありますが、マチュピチュ村 (アグアス・カリエンテス村) の標高は、標高が約2040メートルまで、だいぶ下がります。

なので、気温が少し上がります。

それでも、陽が落ちた後は、少し肌寒くなるので、クスコ市ほどではないものの、ウルトラ・ライト・ダウン・ジャケットなどがあると良いです。

マチュピチュ遺跡での服装

マチュピチュ遺跡にも早朝から行ったり、陽が陰ったりすると、少し肌寒いですが、陽が出るととても暑いので、すぐに脱げて、荷物にならない上着がおすすめです。

ただ日差しがとても強いので、半袖ではなく、長袖がおすすめです。

そして、クスコ市でもそうですが、日差し対策が必要で、UV カットの帽子やサングラス、手袋が必要です。

もちろん日焼け止めも忘れずに、塗ってください。

海外旅行持ち物リスト!ペルーの旅行に持参すべき持ち物27選!!

まとめ

クスコ市では、特に陽がくれた後、暖かい格好が必要です。

クスコに住むペルー人に効いた防寒対策3選!ペルー・クスコでは、どうやって寒さをしのぐのか?

マチュピチュ村でも、陽が暮れると肌寒いです。

日中陽が出ると、とても暑くなるので、すぐに脱げて、かさばらない上着と、日に焼けないように、長袖と日焼け止めの帽子が必要です。

プーノなど、その他、アンデス地方に行かれる方は、同じイメージで大丈夫です。

ただ首都リマも含め、海岸地方に行かれる方やジャングル地方にも観光に行かれる方は、気候と季節がだいぶ変わるので、また別の対策が必要です。

旅行する前に知っておくべきペルー・リマの気候と服装!

基本的には、暑さ、日差し、熱中症対策が大切です。

それでは、良い旅を。ブエン・ビアヘ! ¡Buen Viaje!


にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村





ペルー, マチュピチュ, 観光, 服装

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • 南米だから、暑いのだろうかと思う方もおられるかもしれませんし、古代天空都市とも言われるマチュピチュ遺跡なので、標高が高く、寒いだろうかと思う方もおられるかもしれません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!