マチュピチュ遺跡の入り口のみにあるトイレや、スナック、飲料水の値段は、とても高い!トイレの注意点も

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, トイレ
Pocket

世界遺産マチュピチュ遺跡の保全の為、マチュピチュ遺跡の中には、トイレすらありません。

もちろんインカの王様の水洗トイレなどはあるのですが、現在はもちろん使用不可です。

そこで、もしトイレをしたい場合は、マチュピチュ遺跡に入る前に済ませておく必要があります。

そのトイレの値段やその他のスナック、飲料水の値段が、ふもとより高いのでご紹介します。

マチュピチュ遺跡入口のトイレの値段

マチュピチュ遺跡入口のトイレの値段は、2ソレスです。

ペルーの一般的な公衆トイレの値段は、0.5ソレスなので、4倍のお値段というわけです。

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, 値段

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, 値段

まるで、トイレのチケットを買う列は、マチュピチュ遺跡の別の入口かと思えてきます。

何回もトイレにマチュピチュ遺跡で行きたくなったら、その度に払う必要があります。

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, 値段

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, 値段

おすすめとしては、マチュピチュ遺跡に入る前に、一度はトイレに行っておくことです。

ガイド付きでマチュピチュ遺跡を見学すると約3時間から4時間かかります。

マチュピチュ遺跡の見学中のちょうど中間ぐらいで、トイレに行きたくなった場合、入口までわざわざ戻り、一度退場し、トイレに行く必要があるのですが、相当遠いので気をつけてください。

さらに、3時間か4時間ほどの見学が終わった後も少しトイレに行きたい人は、お金がかかりますが、トイレにお金を払ってでも行っておいた方が良いでしょう。

なぜなら、帰りのバスにも約45分ぐらい並ぶ必要があり、マチュピチュ村アグアス・カリエンテス Aguas Calientes には、さらに乗車後、20分以上かかるからです。

マチュピチュ遺跡のトイレ事情は、お金がかかります。

マチュピチュ遺跡入口の預け荷物とスナック菓子、飲料水の値段

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, 値段

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, 値段

マチュピチュ遺跡の中にスーツケースなどの大きな荷物の持ち込みは禁止されているので、預ける必要があるのですが、預ける為には、5ソレスかかります。

マチュピチュ遺跡の中は、アップダウンも多く、約3~4時間も歩くため、マチュピチュ遺跡から出た時に喉が渇いている人も多いですが、普通の飲料水は、6ソレスの値段で売られています。

クスコ市内では、飲料水が1ソルで売られていることもあるので、6倍の値段ということになります。

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, 値段

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, 値段

スナック菓子の自動販売機もありますが、小さいポテトチップスが5ソレスしますが、クスコ市内では一般的に1.5ソレスほどですので、3倍の値段になります。

他の商品もだいたい2~3倍の値段で売られています。

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, 値段

ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, 値段

まとめ

ガイドさんにも言われましたが、マチュピチュ遺跡内でバクバク食事はできないのですが、スナック菓子やフルーツなど、ごみを出さなければ、こっそり食べても大丈夫とのことです。

さらに、飲料水など持ち込んでも問題ないとのことなので、事前に準備しておくのがよろしいかと思います。

トイレは、お金はかかりますが、しっかり行っておくのがおすすめです。

参考になればうれしいです。

それでは、ブエン・ビアヘ! Buen Viaje!


にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村



ペルー, 旅行, machu picchu, マチュピチュ, トイレ

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • もしトイレをしたい場合は、マチュピチュ遺跡に入る前に済ませておく必要があります。 そのトイレの値段やその他のスナック、飲料水の値段が、ふもとより高いのでご紹介します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!