南米ペルーの世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu のゲートには、マヌー国立公園の展示室がある

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産
Pocket

南米ペルーにある世界遺産の一つである観光スポット、ペルー・マヌー国立公園 Parque nacional del Manu が、いったいどんな場所なのか、以前の記事でご説明しました。

南米ペルーの世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu って、どんなところ?

南米ペルーの世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu のゲート、つまり入口には、マヌー国立公園についての説明をしてくれている展示室があります。

既に標高が4000m近くあるアンデス山脈の峠付近でもあり、熱帯雨林地帯の入口、霧のジャングルが始まっている付近でもある場所にある世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu のゲートとその展示室をご紹介いたします。

世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu のゲートと展示室の場所

関東地区の半分の面積よりも大きい世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu のゲートは、南部の先っぽの部分にあたります。

世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu のゲートの部分は、未だマドレ・デ・ディオス県ではなく、クスコ県です。

Acjanaco アクハナコの山にあります。

世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu の展示室

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu の展示室の外の説明書きによると、1973年5月29日に、世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu は、創立されたとの事です。

総面積は、171629222ヘクタールあるとのことです。

実質、その後、マヌー国立公園の周りの部分も保護区とする動きが進んでおり、全てをあわせた際の実際の保護区の大きさは、関東地区では収まりきらないでしょう。

UNESCO ユネスコによる名称は、マヌー国立公園 Parque nacional del Manu ではなく、Patrimonio Natural de la humanidad Zona Nucleo de la Reserva de Biosfera 生物保護区世界自然遺産とのことです。

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu の展示室の中に入ると、世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu の展示室の特異な環境がわかります。

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

単に熱帯雨林といっても標高4000m のアンデス山脈地帯から標高がどんどん下がっていき、熱帯雨林である霧のジャングル地帯からスコールの降るジャングル地帯に進んで、気温が上昇していきます。

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

その特殊な環境ゆえに、それぞれの場所にいろいろな生態系が生存しているのです。

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

アンデス山脈にぶつかった大気が雨を降らせ、ジャングルの熱帯雨林を作っていることから、アンデス山脈あってのマヌーのジャングルです。

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu には、いろいろな先住民の方々も住んでおられます。

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

マチゲンガ語などいくつかの原住民の言語が、世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu では、話されています。

原住民の人々は、さげすまれてきた歴史もあるため、それらの言語を話せる人々も多くおられますが、話せることを内緒にしている人が多くおられます。

まとめ

マヌー国立公園 Parque nacional del Manu の中には、いろいろな原住民の文化やたくさんの違った生物たちが共存しています。

マヌー国立公園 Parque nacional del Manu のゲートでは、マヌー国立公園 Parque nacional del Manu に入る前に、期待を高めることができます。

マヌー国立公園 Parque nacional del Manu のゲートにある大きなマヌー国立公園 Parque nacional del Manu の標識は、記念写真を撮るスポットでもあるので、ぜひ立ち寄られてみてください。

それでは、ブエン・ビアヘ!¡Buen viaje! 良い旅を!




にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村



【人気商品!】福岡県糸島で育ったベジタリアンベジタブル



毎月違う果物を産地直送!九州旬の果物巡り



フルーツショップ annfarm


南米, アマゾン, ジャングル, 熱帯雨林, ペルー, マヌー, 国立公園, 世界遺産

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • 南米ペルーの世界遺産マヌー国立公園 Parque nacional del Manu のゲート、つまり入口には、マヌー国立公園についての説明をしてくれている展示室があります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!