ペルー高速バスOltursaオルトゥルサはどんな感じ?

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ
Pocket

ペルーの首都リマに到着した後、飛行機か高速バスに乗り換えて、旅行を続けると思います。

ペルーは高速バス会社がたくさんあります。

今回その中の一つOltrusaオルトゥルサというバス会社に乗車してみました。

既に旅行会社でツアーを組まれている方や、飛行機のチケットを取っておられる方がほとんどかもしれませんが、今回は皆さんにペルーの比較的良い方のバス会社と言われるOltursaオルトゥルサがどんな感じかシェアできればと思います。

高速バスOltursaオルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

今回Chiclayo チクラヨという北部の都市から首都Limaリマ間を往復で、高速バスOltrusaオルトゥルサで旅行してみました。

高速バスOltrusaオルトゥルサは、ペルーのバス会社としては比較的有名で、ペルー各地にたくさん便があります。

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ちょっと適当

チケットはインターネットかカウンターで購入することができます。

南米、ペルー、高速バス、オルトゥルサ、Oltursa

南米、ペルー、高速バス、オルトゥルサ、Oltursa

わたしたちは事前に窓口でチケットを購入しておいたのでした。

PM7:00発のバスです。購入時にPM6:30には着いて置くようにと言われたので、わたし達はPM6:15に到着しました。

荷物を預けようとすると、まだ時間が早いと言われ荷物はまだ持っているようにと言われました。

自分たちのバスの前の便が出ないと預け荷物がわからなくなってしまうので、まだ預けられないというのです。

たいしたサービスです。

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

荷物を持ったまま待っていると、先ほどの係の方が「あなた達のチケットを見せてください。」と言ってきました。

その係の方はチケット見るなり、「PM7:00の便はないのでチケットカウンターに一緒に来てください。」と連れて行かれました。

どういうこと?!と思いながら行ってみると、チケットカウンターの女性は、手書きでPM7:30と書き直し、「グレードアップした席にしておきますから。」と謝ることなくPM7:30便へ変更されました。

夫は心配なり、「往復買ってあるので帰りは大丈夫ですか?」と尋ねると一応チェックしてくださり、ぶっきらぼうに大丈夫とのことです。

預け荷物の係の方の話によると、PM7:00に出る便がある日もあれば、PM7:30の時もあるとのことでした。

ちょっと適当だなと思いました。

南米、ペルー、高速バス、オルトゥルサ、Oltursa

南米、ペルー、高速バス、オルトゥルサ、Oltursa

待合室は清潔で安全

荷物を預ける所の横の壁に携帯電話などを充電できるようなスペースがあります。

待合室のフロアは綺麗で、乗車する前のチェックも、空港のようにチェックできるゲートを通り、監視カメラや手荷物チェックの徹底など、安心感はあります。

1階席

バスは2階建てで、わたしたちは1階のグレードアップされた席でしたので、座席は広かったです。

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

トイレは1階にも2階にもあります。

夜食

夜食は選ぶことができませんでした。

内容はちょっと寂しい感じでした。

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

なぜかインカコーラ2杯、にアニスティーというたくさん飲み物をくれました。

朝食

朝食はペルーの高速バスでよくある感じの普通な感じでした。

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

残念な点

ペルーのどの高速バス会社もそうですが、係の方がいつも到着するより前に毛布やまくらを回収してしまうのはやめてほしいです。

TVが各席ないので見にくかったです。

1階はグレードの高い席なのですが、手荷物を収納するスペースが一切ないのが痛いです。

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

Oltursaは冷房ガンガンでとても寒かったです。

Limaリマ・San Isidroサン・イシドロの待合室

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

Limaリマ・San Isidroサン・イシドロの待合室のカウンターに行くと、WIFIのclaveパスワードを書いた紙をくれます。

WIFIがつながったので、タクシーをUBERで呼ぶことができました。

UBERの詳しい利用方法については、こちらの記事をご覧ください。↓↓

ペルーのリマで、タクシーに乗るならUBERがおすすめ!UBERの使い方

リマはOltrusaのトイレが綺麗で、荷物があっても入りやすかったです。

2階席

首都のリマからチクラヨに行く便は2階の一般席に座りました。

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

2階席には手荷物の棚がありました。

夜食

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

相変わらず夜食は悲しい感じでした。

朝食

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

朝食は普通でした。

残念な点

狭いのは仕方がないのですが、枕が支給されませんでした。

そして、相変わらず冷房ガンガンでとても寒かったです。

食事の台がなく、膝の上にトレイを置かなければならなかったのが、とても残念でした。

1階席もでしたが、イヤフォンが支給されず、映画の画面も各座席にないので、ほとんど映画は楽しめませんでした。

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

まとめ

Oltrusaオルトゥルサは、車内も、待合室も、待合室のトイレなども清潔ですが、食事はおかずが少なめで残念でした。

長距離移動の楽しみの映画が見にくい、聞きにくいのが残念です。

そして、冷房ガンガンで寒いのが残念でした。

しかし、高速バスの中では比較的安全性が高めなのは良いところでした。

75ソル、日本円で約2500円の座席が一番安い一般的なチケットです。

所要時間はチクラーヨから首都リマまでの約770㎞を約14時間でした。

個人的にはOltursaオルトゥルサより、高速バスはCruz Del Surが、安くてサービスも少しだけいいのでおすすめです。

ペルーの高速バスはこんな感じです。

もしペルーの高速バスを利用しようとされる方の少しでもお役に立ったならうれしいです。

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

それでは、皆さん良い旅を ¡Buen Viaje!(ブエン ビアヘ)



にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村





ペルー、高速バス、Oltursa、オルトゥルサ

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ペルー在住フリーランス。独身の時、ペルーの首都LimaのSan Borjaに住み、結婚後Chiclayo市外の田舎に住む。ペルーのセレブな人々とその生活からペルーの田舎の貧しい人々とその生活を知る。現在、インカ帝国の首都だったCuscoでペルーライフをエンジョイ中。ペルーの食べ物で好きなものは、マンゴーとセビーチェ・ミクスト!世界遺産Machu Picchu だけではないペルーのいろんな魅力をお届けします!