ペルーでパスポートを失くした時に大使館で手続きに必要なもの!

Pocket

海外旅行でペルーに訪れた時に、パスポートを失くした時に大使館で手続きに必要なものを今回はご紹介します!

海外旅行でパスポートなど丸ごと盗まれたとか、失くしてしまったという事はぜひとも避けたいところですが、万が一の時のためにお役立てください。

ペルーでパスポートを失くした時に大使館で手続きに必要なもの!

1.失くした場所の警察署の紛失届

2.戸籍謄本の原本

3.ちょうどぴったりの手数料

4.6か月以内のパスポート写真

5.紛失したパスポートのコピー(もしあれば)

1.失くした場所の警察署の紛失届

まず失くした場所の警察署の紛失届が必要になります。失くした地方にある警察署に行くことになります。リマならリマ、地方なら地方の警察署です。

そして、一般の観光客であれば、観光客専門の警察署に行く必要があります。

ペルー、パスポート、手続き

ペルー、パスポート、手続き

学生ビザや就労ビザなどのビザをお持ちの方ですと通常の警察署に行くことになります。

ペルー、パスポート、手続き

ペルー、パスポート、手続き

そこで、自分の情報と失くした際の大体の経緯を説明して1枚の紛失届をもらいます。

2.戸籍謄本の原本

戸籍謄本である全部事項証明でも、 戸籍抄本である個人事項証明のどちらでも大丈夫です。

ちなみに、戸籍謄本である全部事項証明は、家族全員の情報が記載されていて、戸籍抄本である個人事項証明は、個人の情報のみが記載されています。

コピーでは、ダメなので代理人などに原本を取得してもらい、速達で日本から送ってもらう必要があります。

速達で日本から約1週間ほどでぺル・首都のリマまで到着します。

3.ちょうどぴったりの手数料

10年有効のパスポートの場合は485ソレス。

5年有効のパスポートの場合は333ソレス。

12歳未満で5年有効のパスポートの場合は182ソレス。

ペルー大使館でパスポートを切り替える方!3月まで変更手続きしないと高くなります!

4.6か月以内のパスポート写真

4.5cm × 3.5cm で、6か月以内のパスポート写真が必要になります。

ペルーでも日本で要求されるバックが基本白などの薄い色であるとか、帽子をかぶってはいけない、眼鏡が反射してはいけないなどの必要事項がペルーの写真館でも通じるので、基本問題はありません。

5.紛失したパスポートのコピー(もしあれば)

紛失したパスポートのコピーが、もしあれば手続きがスムーズです。

事前に日本大使館の方にメール、電話で連絡をしておくとご親切にもパスポートの作成、受け取りが即日対応が可能なように取り計らってくださることがあります。

戸籍の原本が速達でも届くのに1週間ほどかかるのを待つ間に、事前に紛失したパスポートのコピー、警察署の紛失届のコピー、戸籍謄本のコピーなどをスキャンして、メールで大使館の方に送っておくとすぐに対応を始めてくださることがあり、急ぎの場合、戸籍謄本の原本が届き次第、朝一の9時に対応してくださり午後には新しいパスポートを受け取ることができるかもしれません。

その他の情報

失くしたわけではなく、執行期限が近付いたために切り替える方はこちらの記事を参考になさってください。

リマの在ペルー日本国大使館でパスポート発行に必要な書類!失効期限が近いため

そして、パスポートを切り替え手続きをした後のペルー移民局での手続きに関してはこちらの記事をご覧ください。

ペルー・リマの入国管理局/新しいパスポートへの変更手続/スタンプの押し直し

リマの在ペルー日本国大使館の場所

リマの在ペルー日本国大使館の住所は、Av. San Felipe 356, Jesús Maríaです。

Jesús María ヘスス・マリアという区があるのですが、その中にあるAv. San Felipe サン・フェリーペ通りの3ブロック目にある白い建物です。

Av. Brasil ブラジル通りという大きな通りがあるのですが、その23ブロック目にÓvalo Brasilオバロ・ブラジルという円形交差点、ラウンドアバウトがあるのですが、そこがAv. San Felipe サン・フェリーペ通りとぶつかっています。

その円形交差点から3ブロック行ったすぐ近くにリマの在ペルー日本国大使館があります。

タクシーで直接行かれるなら、Embajada de Japón エンバハーダ・デ・ハポンと言えば、住所を言わなくても大丈夫でしょう。

バス、コンビで行くことをお考えの方は、Av. San Felipe サン・フェリーペ通りを通るバスかコンビ、もしくは、Av. Brasil ブラジル通いを通るバス、コンビで行くことになります。

Av. Brasil ブラジル通いは比較的大通りなので、Av. Brasil ブラジル通いを通るバスやコンビは比較的見つけやすいでしょう。あとは、23ブロック目のÓvalo Brasilオバロ・ブラジルという円形交差点で降りて、歩くということもできます。

リマの在ペルー日本国大使館の場所については、こちらの在ペルー日本国大使館のホームページかグーグルマップの地図を参考になさってください。↓

http://www.pe.emb-japan.go.jp/jp/mapa.htm

リマの在ペルー日本国大使館の受付時間

リマの在ペルー日本国大使館の開館時間は、月曜日~金曜日, 8:30 – 12:30 / 13:45 – 17:30です。

パスポートや戸籍届などの証明書の手続きは、月曜日~金曜日, 9:00 – 12:00 / 14:15 – 17:15なので、お気をつけください。

しかし、一度パスポートの旅券の手続きで11:45amに着いた時、既にお昼休みですといって追い返されたので、受付時間内でも早めに訪れたほうがよさそうです。

詳しい情報に関しては、在ペルー日本国大使館のインターネット公式サイトの情報をご確認ください。↓

http://www.pe.emb-japan.go.jp/jp/horario.htm

リマの在ペルー日本国大使館の連絡先

リマの在ペルー日本国大使館の連絡先以下の通りです。↓

電   話: (+51-1)219-9500 (代表)

(+51-1)219-9538 (留学生アドバイザー)
(+51-1)219-9550 (査証)
(+51-1)219-9551 (旅券、証明、戸籍・国籍,在留届,在外選挙,邦人援護等)

Fax:      (+51-1)463-0302 (代表)

(+51-1)219-9534 (留学生アドバイザー)
(+51-1)219-9544 (旅券,証明,戸籍・国籍,在留届,在外選挙,邦人援護等)

E-Mail: (代表)
cultjapon@li.mofa.go.jp (広報文化班)
(留学生アドバイザー)
consjapon@li.mofa.go.jp (旅券,証明,戸籍・国籍,在留届,在外選挙,邦人援護等)

(査証に関する御相談は電話のみで受け付けます。休館日を除く、月曜日から金曜日の午前9時から12時、午後2時15分から5時15分の時間帯にお願い致します)

日本企業支援窓口

担当:坂本元,福田修一

電話:(+51-1)219-9500(代表)

FAX:(+51-1)219-9524

Email:coopjapon@li.mofa.go.jp

http://www.pe.emb-japan.go.jp/jp/contactenos.htm

在ペルー日本国大使館に入館する際

在ペルー日本国大使館に入館する際には、まず正面玄関で警備員にまず来館の目的を聞かれ、身分証の提示を求められます。

その後、入館を許された後、入館の札を渡されます。入館の札は退館の際に返却し、細かく来館と退館の日時が記録されます。

その次に、別の銃を携帯した警備員に持ち物検査をされます。

携帯電話などの電子機器、カメラなどは持ち込めません。その警備員に預けて入館することになります。その際にも、持ち物札を渡されます。

まとめ

ペルー・海外旅行でパスポートなど丸ごと盗まれたとか、失くしてしまったという方はお役立てください。

南米ペルーに来られる方のためになればうれしいです。

それでは、ブエン・ディア! ¡Buen día!


にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村





ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!