世界のミステリー、世界遺産ナスカの地上絵を観光する際の注意点! 新しい地上絵もパルパで続々発見!

ペルー, 観光, ナスカ, 地上絵, 世界遺産
Pocket

今回は、ペルーに観光に来た際に、ぜひ行ってみたいナスカ観光についての情報をご紹介したいと思います!

世界遺産ナスカの地上絵は有名で、ぜひ見たい観光スポットですが、なんと地上絵はナスカだけでなく、ナスカからすぐ近くのパルパにもたくさんあるのです!

ナスカ、パルパでは、新しい地上絵が今でも発見され続けていて、パルパではなんと新しく約50 の地上絵が発見されているのです!

そして、ナスカは、砂漠地帯なので、サンドバギーというアクティビティーも観光で楽しむことができます!

世界遺産ナスカの地上絵を見る際の注意点もいくつかあります。

ナスカの地上絵やパルパの地上絵はどうやって描いたの?

ナスカの地上絵やパルパの地上絵は、今でも諸説が飛び交うミステリーな世界遺産です。

地上から見ることができない大きな地上絵をなぜ描いたのかは、未だはっきりとしたことがわからないのです。

ナスカの地上絵やパルパの地上絵はどうやって描いたのかは、わかっています。

ナスカ地方は、雨が全く降らない乾燥した砂漠地帯なのですが、砂地だけでなく、黒い石や砂に覆われた大地が多くあります。

その黒い石や砂をどかすと下地の白い部分が現れるのです。

つまり、黒い黒板に白いチョークで絵を描いたようなイメージです。

700以上の地上絵があるとされています。

ナスカまでの行き方

ナスカまでの一般的な行き方としては、リマからバスになります。

ナスカ空港はあるもののナスカ空港は、国内線の発着はなく、ナスカの地上絵を遊覧するセスナのみの空港となります。

リマからナスカまで、約450km、バスで約7時間になります。

ペルー大手バス会社としては、Civa シーバ、Linea リネア、Movil Tour モビール・ツアー、Oltursa オルトゥルサ、Cruz del Sur クルース・デル・スルなどがあります。

ペルー高速バスOltursaオルトゥルサはどんな感じ?

個人的に上記のペルー高速バス、すべてに乗ったことがありますが、おすすめは、Cruz del Sur クルース・デル・スルかと思います。

ペルー高速バス Cruz del Sur クルース・デル・スルはどんな感じ?ビンゴに当たると無料のチケット!?

ナスカ Nasca もパルパ Palpa も、Ica イカ県に位置しています。

ナスカの地上絵を見るためのセスナ機

ナスカの地上絵を見るための航空会社は13社ほどあります。

ペルー, 観光, ナスカ, 地上絵, 世界遺産ペルー, 観光, ナスカ, 地上絵, 世界遺産

ペルー, 観光, ナスカ, 地上絵, 世界遺産

個人で予約なしでナスカ空港に行って、チケットを買って乗ることもできますし、旅行会社を通して事前にスケジュールに組み込むこともできます。

どの航空会社がいいということはありません。基本的に同じです。値段が違うということだけで、その値段も交渉で安くディスカウントできることがあります。

4人乗り、6人乗り、10人乗りなどのセスナ機があります。

そのセスナ機には、操縦士、副操縦士がそれぞれ乗り込みます。

ナスカの地上絵を見るためのセスナ機も一日に200回ほど飛んでいます。

ペルー, 観光, ナスカ, 地上絵, 世界遺産

ペルー, 観光, ナスカ, 地上絵, 世界遺産

ナスカのセスナ機の飛行機酔い

ナスカのセスナ機でナスカの地上絵を見るうえで、飛行機酔い対策は大切です。

ナスカの飛行機は、右に左に遊覧するので、ほとんどの人が飛行機酔いするのです。

あまり乗り物酔いしない人でも飛行機酔いするというのですから、ナスカの地上絵を見るのは本当に勇気と覚悟が必要です。

飛行機酔い対策としては、酔い止め薬と酔い止めシーバンドがおすすめです。

酔い止め薬は、トラベルミンがおすすめです!

酔い止めシーバンドは、手首内側の酔わないツボを指圧することで酔わないという優れ物です!

ペルー, 観光, ナスカ, 地上絵, 世界遺産

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • ペルーに観光に来た際に、ぜひ行ってみたいナスカ観光についての情報をご紹介します!世界遺産ナスカの地上絵は有名ですが、なんと地上絵はナスカだけでなく、ナスカからすぐ近くのパルパにもたくさんあるのです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!