ペルー旅行で役立つスペイン語の質問集!【入門編】

スペイン語、質問
Pocket

ペルー旅行の際は、英語が伝わらない場面がたくさんあります。ガイドがついてくれている時はいいのですが、お土産をお買い物する時など、いつでも必ずガイドが横にいてくれるわけではないでしょう。

なので、今回はスペイン語で相手に質問したい時の簡単で自然な言い回しをご紹介します。

カスティジャーノ

スペインのスペイン語とは違い、ペルーのスペイン語はカスティジャーノと呼びます。ペルー人たち自身も自覚しています。スペインのスペイン語と、ペルーのカスティジャーノは違うのです。

イメージとしては、スペインのスペイン語は固いスペイン語で、ペルーのスペイン語は柔らかいスペイン語です。なので、ペルーのスペイン語は簡単でいいのです!

何?

ひとまず何なのか聞きたいとします。その場合は、「ケ!?」と知りたいものを指さしながら訪ねてみてください。答えてくれるはずです。スペイン語で「ケ!?」、つまり“¿Que?”は、直訳すると「何?」という意味です。

スペイン語の教科書、参考書などではよく「ケ・エス・エスト?」“¿Que es esto?” と書かれていることが多いと思います。しかし、「ケ!?」と知りたいものを指さしながら訪ねるだけで十分です。ちょっとしり上がりに、尋ねるように言ってください。

相手が自分に何か聞いてきたことが聞き取れず、何が何だかわからないとします。そうした時にスペイン語の参考書や教科書では、「もう一度言ってください。」にあたる「オートラ・ベース・ポル・ファボール」“Otra vez por favor.”などと書かれていることがあります。他には「ゆっくり話してください。」にあたる「デスパーシオ・ポル・ファボール」“Despacio por favor.”などもあります。

いろいろありますが、相手が自分に何か聞いてきたことが聞き取れない時も「ケ!?」“¿Que?” で、十分です。連呼してください。きっともう一度、しかも、ゆっくり、別の言い方で言ってくれるはずです。

どうやって?

何をどうしていいのかわからない時は、「コーモ?」と聞いてください。スペイン語では、“¿Como?”と書きます。丁寧な言い方はもっといろいろあるのですが、ペルー人も「コーモ?」とだけ聞くこともよくありますので、結構自然です。

元気?

この「コーモ?」¿Como?は、その後に「エスタス」“estas”とつけるだけで「元気?」と聞くことができるので、お得ですよ。「コーモ・エスタス?」“¿Como estas?” は、「どうするの?」「どうやるの?」という意味の“¿Como?”から覚えてしまうのもいいかもしれません。

いくら?

お土産などをお買い物する時は、値段を聞いて比べてみた上で、一番安いところで買うというのが得策です。ペルー人は外国人の観光客から多く払ってもらってもいいと思っているので、基本的には値段を釣り上げてきます。そのため、同じものでもお店によって値段が変動します。

なので、「いくら?」というフレーズは大切です。「いくら」と聞くときに、地元のペルー人も使うスペイン語のフレーズとして、「コーモ・エス?」“¿Como es?”というものがあります。先ほどの「どうやるの?」の「コーモ?」“Como”にただ「エス」“es”を付け加えるだけです。買いたいものや興味があるものを指さして、「コーモ・エス?」“¿Como es?”と、しり上がりで聞いてみてください。

もし万が一伝わらなかった場合は、「クアント・エス?」“¿Cuanto es?”という簡単な言い方もあります。「クアント?」“¿Cuanto?”だけでもいいかもしれません。ペルー人のおばちゃんたちもよく市場で、「コーモ・エス?」、「クアント・エス?」、「クアント?」というように強い語気で値段を聞いています。

ちゃんと聞きたい場合は、「クアント・クエスタ?」“¿Cuanto cuesta?”という聞き方がありますが、ちょっととっつきにくい、覚えにくいという方には、上記がおすすめです!

誰?

ホテルに泊まっていた際などに、誰かにノックされた場合、部屋のドアを開ける前に「誰?」と聞きたいですよね。ペルーは犯罪も多いですし。

そんな時は、「キエーン?」“¿Quien?”と尋ねてみましょう。「キエーン?」だけで十分です。「キエーン?」“¿Quien?”は文字通りスペイン語で「誰?」という意味です。

聞きなれない声なら、ドアを開けなくてもいいでしょう。ほとんどホテルの部屋に尋ねてくる人いないとは思いますが、もしそんなことがあった時は、使ってみてください。

なんで?

理由をスペイン語で尋ねたい時は、「ポル・ケ?」“¿Por que?”と聞いてみてください。「ポル・ケ?」“¿Por que?”は、スペイン語で文字通り、「なぜ?」という意味です。

「ポル・ケ~~~?」と、ショックなことがあった時にも使えます。

どっち?

どっちか聞きたい時も指で刺しながら、「クアル?」“¿Cual?”と聞いてみてください。「クアル」の「る」は、“l”エルなので、舌を上の歯の付け根につける感じです。

スペイン語で「どちら?」という意味になります。ペルーの人もよく「クアル?」“¿Cual?”と使っていますよ。

いつ?

日時を確認されたい時は、「クアンド?」“¿Cuando?”で、Okです。日時を返事してくれた時にわからなかった際は、もう一度「クアンド?」“¿Cuando?”と繰り返して聞きましょう。もう一度言ってくれます。

それでも、わからない時は、「クアンド?」“¿Cuando?”と言いながら、ノーとか紙を指さしながらペンを差し出しましょう。きっと書いてくれます。スペイン語も数字の書き方は同じなので、書いてくれたらこっちのものです。聞きたかったことが、「クアンド?」“¿Cuando?”の一言とジェスチャーで理解できたわけですから。

まとめ

聞きたいことがあっても心配しないでください。簡単なスペイン語を使って、聞いてみてください。ペルーはスペイン語ではなく、カスティジャーノです。簡単なスペイン語で会話ができます。ペルーの人々も日常生活で難しいスペイン語の単語を使うというよりは、簡単なスペイン語で済ませてしまっています。

今回ご紹介した「何?」「どうやって?」「元気?」「いくら?」「誰?」「なんで?」「どっち?」「いつ?」は、日本語でも短い言葉で聞くことができるのと同じようにスペイン語でも聞くことができます。ぜひジェスチャーを入れて、語尾を質問の要領で上げながら聞いてみてください。

きっと聞いたことが伝わって、何とかその答えを自分が理解できたときに、うれしくなると思います。そうなると、自然とペルー旅行でいい思い出も増えるでしょう!そして、スペイン語をもうちょっと話してみたくなるでしょう!

スペイン語のコツを簡単につかむために、こちらの記事を参考になさってください。↓

スペイン語を始めたい!!簡単に身に着ける3つのコツ!!

スペイン語を学ぶお役に立てれば光栄です!それでは、ブエン・ビアへ!Buen Viaje!


にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村



オンラインの外国語学習サービス【italki】





スペイン語、質問

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!