スペイン語で挨拶は?ありがとう等、旅行の前に20単語!

スペイン語,挨拶
Pocket

「スペイン語で挨拶をなんていうの?」「しばらく使ってないから英語でも心配なのに、スペイン語なんてもっと無理。」というあなた。そりゃそうです。毎日、仕事に家庭にいろいろ忙しく働いて、旅行の当日まで、スペイン語なんてやる暇なかったという方ばかりでしょう。

それでも、少しは現地の人とスペイン語でコミュニケーションとれたらいいなとも思われるでしょう。そこで、今日はスペイン語で挨拶やありがとうなどをなんて言えばいいのかご紹介します。しかも、飛行機の中でちらっと見返すだけでもOKです。

きっとスペイン語を使って、笑顔で挨拶したり、ありがとうと言ったりするだけで、今回の旅行が百倍楽しくなることでしょう!

挨拶(時間関係なし)

まずはスペイン語での基本のあいさつから言ってみましょう。元気よく笑顔で「オッラー!」と言ってみると、ほらもうちょっと楽しくなってきた!

スペイン語で表記すると、¡Hola!になります。これは、英語のHello!にあたります。なので、特に時間帯関係なく、この挨拶一つでもOKです。朝でも、夜でも、いつでもどこでも¡Hola! 「オッラー!」と挨拶できます。スペイン語では、”h”の発音はしないので、”h”を抜いて、”ola”の発音になるわけです。”l”の発音は英語と同じように、舌の先を上の前歯の裏にはじく感じで発音するのですが、まずはカタカナ読みでOkです。

よくスペイン語の参考書や単語帳では、「オラ!」とか「オーラ!」と書かれたりしていますが、実際には! 「オッラー!」が一番いいと思います。

スペイン語はアクセントをはっきり発音する言語なので、アクセントがくる”o”の部分が強くなります。そして、最後の部分をちょっと伸ばして言うと、軟らかい感じになります。

きっと「オッラー!」一つで、とても楽しい旅になるでしょう!

おはよう

朝の挨拶、「おはよう」は、「ブエノース・ディーアス!」です。スペイン語で表記すると、¡Buenos Dias!になります。これは、英語のGood Morning!にあたります。

よくスペイン語の参考書や単語帳では、「ブエノス・ディアス!」と書かれていますが、実際には「ブエノース・ディーアス!」とアクセントの付く部分をすこし伸ばすだけで、もうだいぶ現地の発音に近くなります。さあ、ご一緒に!「ブエノース・ディーアス!」はい、OKです!

こんにちは

次に、昼の挨拶、「こんにちは」は、「ブエナス・タルデース!」です。スペイン語で表記すると、¡Buenas Tardes! になります。これは、英語のGood Afternoon!にあたります。

よくスペイン語の参考書や単語帳では、「ブエナス・タルデス!」と書かれていますが、それでもOKです。「ブエナス・タルデース!」とアクセントの付く部分をすこし伸ばすと、ちょっと明るい感じになります。それでは、ご一緒に!「ブエナース・タルデース!」はい、OKです!

こんばんは

次に、夜の挨拶、「こんばんは」は、「ブエナース・ノーチェス!」です。スペイン語で表記すると、¡Buenas Noches!になります。これは、英語のGood Evening!にあたります。

よくスペイン語の参考書や単語帳では、「ブエナス・ノチェス!」と書かれていますが、「ブエナース・ノーチェス!」とアクセントの付く部分をすこし伸ばして言うと、ちょっとエレガントな感じになります。それでは、ご一緒に!「ブエナース・ノーチェス!」はい、OKです!

おやすみ

「おやすみ」の挨拶をする時も、実は「こんばんは」と同じように「ブエナース・ノーチェス!」になります。一緒です。会った時の挨拶と去り際の挨拶が同じように言ったりするのです。ちなみに、朝も去り際に「ブエノース・ディーアス!」¡Buenos Dias!と言ったりしますし、昼も去り際に「ブエナス・タルデース!」¡Buenas Tardes!と言ったりします。そのため、日本語の「おやすみ」の挨拶に相当するのが、「こんばんは」と同じように「ブエナース・ノーチェス!」¡Buenas Noches!となるわけです。

お元気ですか?

次に、「お元気ですか?」の挨拶ですが、「コモ・エスタース?」となります。スペイン語で表記すると、¿Como estas?になります。これは、英語のHow are you?にあたります。見知らぬ人、初対面の人に挨拶するときは、正確にはスペイン語で、「コモ・エスタ?」¿Como estas?になるわけですが、皆さんフレンドリーですぐ友達になれるので、最初から「コモ・エスタース?」で覚えたらOkです!

よくスペイン語の参考書や単語帳では、「コモ・エスタス?」と書かれています。もちろんOKなのですが、「コモ・エスタース?」と上がり調子で言ったほうが、気持ちが伝わりやすいと思います。

元気です

次に「元気です」ですが、「ビエン!」でOkです!スペイン語で表記すると、¡Bien!になります。これは、英語のFine!にあたります。もちろん、英語のI’m Fine!にあたる ¡Estoy Bien! 「エストイ・ビエン!」                のほうが正確ですが、「ビエン!」でも何の問題もないので、まずは「ビエン!」で覚えちゃいましょう!実際、ペルー人も「ビエン!」ということのほうが多いと思います。

とっても元気です!

では、続いて 「とっても元気です!」の「ムイ・ビエン!」を覚えちゃいましょう!スペイン語で表記すると、¡ ¡Muy Bien!になります。これは、英語のVery Fine!にあたります。もちろんこちらも正確には、英語のI’m Very Fine!にあたる¡Estoy Muy Bien!が文法的には正解ですが、日本語もそうですが、日常会話では、案外正確な文法ではない言葉のほうがしっくりくる場面が多いですよね。

ちなみに、感情をこめて「ムーイ・ビエーン!」でもOKです!

まあまあです

では、「まあまあです」と答えたい時ですが、スペイン語で「マス・オ・メノス」と言います。スペイン語で表記すると Más ó ménosになります。英語ではSo soにあたります。でも、ペルー人に「マス・オ・メノス」と言うと、「なんで元気じゃないの??」といぶかしげに問いただされることになると思いますので、「まあまあ」の時は、「ビエン」とビックリマーク無しで言うほうがいいと思います。

元気じゃありません

では、元気じゃない時の表現ですが、「マール!」と言います。スペイン語表記では、¡Mal!です。英語で相当するのは、Bad!になります。ただ¡Mal!の“l”は“L”(エル)なので、日本語の“ル”とはちょっと違うのです。”l”の発音は英語と同じように、舌の先を上の前歯の裏につける感じで発音します。なので、「マ」と言った後すぐ舌の先を上の前歯の裏にくっつけてください。

お会いできて嬉しいです

次に「 お会いできて嬉しいです」ですが、「ウン・グスト!」がいいと思います。スペイン語表記では、¡Un Gusto! です。英語で相当するのは、Good To See You!になります。¡Mucho Gusto! 「ムーチョ・グスト!」でもぜんぜんいいのですが、ペルーでは「ウン・グスト!」のほうがよく使われている気がします。

気をつけてね

ペルーでは、「気をつけてね」とよく会話の最後に使います。「気をつけてね」はスペイン語で「クイダテ!」です。スペイン語表記では、¡Cuidate!です。英語ではTake care!に相当します。こちらからも「クイダテ!」¡Cuidate!と会話の最後に使用してみるときっと笑顔になることでしょう!

またね

「またね」は、スペイン語で「チャーオ!」になります。スペイン語表記では、¡Chao!です。英語ではBye!にあたります。ほかの言語でもよく聞くフレーズなので、きっと聞いたことがおありでしょう。なので、別れ際はまずは「チャーオ!」¡Chao! 1つでOkです。

またあとでね

「チャーオ!」¡Chao!は簡単だから、もうちょっと覚えられてしまうというあなた。いいですねー!では、もう一つ。「またあとでね」は、「アッスタ・ルエーゴ!」と言います。スペイン語表記では、¡Hasta Luego!になります。英語では、See You Later!に相当します。

ありがとう

では、ついでにたくさん使ったほうがいい「ありがとう」を覚えましょう!スペイン語で、「グラーシャス!」と言います。スペイン語表記では、¡Gracias!となり、英語ではThanks!に相当します。よくスペイン語の参考書や単語帳では、「グラシャス!」と書かれていますが、それではスペイン語という国語的にはちょっと感情が伝わりにくくなってしまいますので、「グラーシャス!」で覚えましょう!

本当にありがとう

もっと感謝を言葉で表したいというあなた。それは、「ムーチャス・グラーシャス!」です!スペイン語で表記すると、¡Muchas Gracias!になり、英語ではThank you very much!にあたります。もっともっと感情を入れたければ、「ムーーチャス・グラーーシャス!」とアクセントの付く場所をもっと長く、もっと強く言えば本当に感謝していることが伝わります!

ご親切にどうも

道を案内してくれたり、親切を示してくださった後に、「ご親切にどうも」にあたる「ムイ・アマーブレ!」という言葉を言うのも一般的です。スペイン語表記では、¡Muy Amable!  となり、英語ではYou are very kind!に相当します。ぜひ、何かものを訪ねた後などに「ムイ・アマーブレ!」¡Muy Amable!と使ってみましょう!いい感じでお別れできるでしょう!

どういたしまして

そして、「どういたしまして」の言い方ですが、「デ・ナーダ!」となります。スペイン語表記では、¡De Nada!で、英語ではYou are welcome!に相当します。よくスペイン語の参考書や単語帳では「デ・ナダ!」と書かれています。でも、「デ・ナーダ!」の方がいいでしょう。

ごめんなさい

「ごめんなさい」という場面ももしかすると出てくるかもしれません。「ごめんなさい」をスペイン語で言うなら「ロ・シエント!」です。スペイン語表記では、¡Lo Siento!になります。英語ではSorry!にあたります。もし感情を込めたい場合は、「ロ・シエーント!」と言ってみてください。

すみません

「すみません」はスペイン語で、「ディスクルぺ!」になります。スペイン語表記では、¡Disculpe!で、英語のExcuse me!に相当します。ちょっと誰かの前を通りたい場合やちょっと話しかけたい場合など、結構使える単語と言えるでしょう。けっこう日本でも、「すみません」という機会が多いですが、スペイン語でも同じなので、ぜひ覚えちゃいましょう!

日本語 スペイン語カナ表記 スペイン語 英語
挨拶(時間関係なし) オッラー!  ¡Hola! Hello!
おはよう ブエノース・ディーアス! ¡Buenos Dias! Good Morning!
こんにちは ブエナース・タルデース! ¡Buenas Tardes! Good Afternoon!
こんばんは ブエナース・ノーチェス! ¡Buenas Noches! Good Evening!
おやすみ ブエナース・ノーチェス! ¡Buenas Noches! Good Evening!
 お元気ですか? コモ・エスタース? ¿Como estas? How are you?
 元気です ビエン! ¡Bien! Fine!
とっても元気です! ムイ・ビエン! ¡Muy Bien! Very Fine!
まあまあです マス・オ・メノス Más ó ménos So so
 元気じゃありません マール! ¡Mal! Bad!
 お会いできて嬉しいです ウン・グスト! ¡Un Gusto! Good To See You!
気をつけてね クイダテ! ¡Cuidate! Take care!
またね チャーオ! ¡Chao! Bye!
またあとでね アッスタ・ルエーゴ! ¡Hasta Luego! See You Later!
ありがとう グラーシャス! ¡Gracias! Thanks!
本当にありがとう ムーチャス・グラーシャス! ¡Muchas Gracias! Thank you very much!
ご親切にどうも ムイ・アマーブレ! ¡Muy Amable! You are very kind!
どういたしまして デ・ナーダ! ¡De Nada! You are welcome!
ごめんなさい ロ・シエント! ¡Lo Siento! Sorry!
すみません ディスクルぺ! ¡Disculpe! Excuse me!

まとめ

スペイン語の単語を覚えるというイメージではなく、スペイン語の挨拶やありがとうを笑顔でペルー人やラティーノと話しているイメージでイメトレするときっと自然に会話の場面で出てくると思います。

飛行機の中で3分イメトレ、ホテルの中で3分イメトレ、トイレの中でも3分イメトレ。ちょっとずつで大丈夫です。スペイン語ちょっと使うだけで、きっと旅行でいい思い出が増えるでしょう!

スペイン語を始めようと考えておられる方にはこちらの記事もおすすめです!↓↓

スペイン語を全く知らなかった私に役立った9つの勉強法!

スペイン語を始めたい!!簡単に身に着ける3つのコツ!!

ペルー旅行で役立つスペイン語の質問集!【入門編】

ペルー〈スペイン〉語 (ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳) という本もペルーへご旅行の際はおすすめです!



旅の指さし会話帳mini

それでは、よい旅を!Buen Viaje!

<
にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村



EPARKスクール




オンラインの外国語学習サービス【italki】



スペイン語,挨拶

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!