ジカ熱など、ペルー旅行前の病気、予防接種の情報まとめ!

ペルー、予防接種
Pocket

ペルーへ旅行する前に気になるのは、最近世界中で流行しているジカ熱などの感染症、病気についてでしょう。

ペルーでは、どのような病気の心配があるのか?ペルーへの旅行の前にどのような予防接種が有効なのか?イエローカードは必要なのか?といった情報です。

今回は、ペルーへ旅行する前に知っておくべき病気、予防接種などの情報をお伝えいたします。

ペルーでは、どのような病気の心配があるのか?

まずペルーで心配するべき病気としては、蚊から感染する病気であるジカ熱、黄熱病、デング熱、マラリア、水や魚介類から感染する病気であるA型肝炎、B型肝炎、腸チフス、さらには、野犬などから感染する病気である破傷風や狂犬病などがあります。

これだけ聞くともうペルーへ旅行する気が失せるかもしれませんが、これらの病気はどこへ旅行するのか、つまり、どのようなプランで旅行するかということが大きくかかわってきます。

ちなみに、日本人観光客がペルーに基本的に旅行に来る際に計画するのが、クスコのマチュピチュ、ナスカの地上絵やプーノのティティカカ湖、そして、首都のリマでしょう。

もしツアーなどで、クスコのマチュピチュ、ナスカの地上絵やプーノのティティカカ湖、首都のリマ以外に行く予定がないようであれば、基本的にはこれらの病気の心配する必要はないでしょう。

ペルーのクスコ・マチュピチュやプーノのティティカカ湖へ旅行を検討されている方は、高山病の対策が必要です。

高山病の対策については、以前の高山病の記事をご覧ください。

ペルー・マチュピチュ観光旅行の前に高山病への対策5選!

蚊から感染する病気であるジカ熱、黄熱病、デング熱、マラリア

もし、クスコのマチュピチュ、ナスカの地上絵やプーノのティティカカ湖、首都のリマ以外に行く予定がないようであれば、蚊から感染する病気であるジカ熱、黄熱病、デング熱、マラリアを心配する必要はないでしょう。

野犬などから感染する病気である狂犬病

ペルーの田舎でなければ、野犬に出くわすことがほとんどありませんので、野犬などから感染する病気である狂犬病の心配もほとんどないでしょう。もちろんクスコ、ナスカ、プーノ、リマの田舎に行くならその危険も増しますが、基本的にツアーで訪れる場所では心配ないでしょう。