2020年1月2月ペルー各地の浸水、土石流被害状況

ペルー, 大雨, 川, 氾濫, 土石流, 浸水, Huaico
Pocket

2020年1月、2月の2ヶ月間で、ペルー各地の多くの場所で、
Huaico ワイコと呼ばれる川の氾濫、浸水、土石流被害が起きています。

ペルーのどこで被害が起きているのかその状況をご紹介いたします。

ペルー旅行に来られる予定の方は、注意情報によく留意されてください。

San Martin サンマルティン県

San Martin サンマルティン県では、2人の児童が亡くなり、3人が行方不明となっています。

そして、500人以上が被災しています。

Tacna タクナ県

Tacna タクナ県の “Quebrada del diablo” 「悪魔の渓谷」という場所で、
100人以上が被災し、約10人の負傷者を出しています。

Tacna タクナ県では、4人死者がでています。

Moquegtua モケグア県

Moquegtua モケグア県では、600人以上が被災しています。

Arequipa アレキーパ県

Arequipa アレキーパ県では、250世帯以上が被災しています。

Cusco クスコ県

Cusco クスコ県では、La Convención ラ・コンベンシオン市にある
クスコの有名な温泉郷 Santa Teresa サンタ・テレーサで被害が発生しています。

1500人以上が被災し、30人が行方不明、4人が死亡しました。

ペルー、クスコ県の観光地サンタ・テレーサ Santa Teresa は、一度は行ってみたいクスコの温泉地として有名

聖なる谷ピサックでも被害が発生したことは、最近の記事で
ご紹介しました。

2020年2月7日ペルー・クスコ聖なる谷ピサック浸水、倒壊

まとめ

ペルー中でたくさんの川氾濫、土石流、浸水の被害を毎年毎年出しますが、
毎年広くなっている様に思います。

エルニーニョ現象のせいなのでしょうか?

ペルーと日本のエルニーニョ現象・ラニーニャ現象とは?

ペルーのどこで今さらに被害を出してもおかしくない状況です。

ペルー観光の際は、よく注意情報に留意して、お気をつけてください。


にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村

ペルー, 大雨, 川, 氾濫, 土石流, 浸水, Huaico

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • ペルーのどこで被害が起きているのかその状況をご紹介いたします。ペルー旅行に来られる予定の方は、注意情報によく留意されてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!