ペルー非常事態宣言・外出禁止令半日前のクスコはパニック

ペルー, クスコ, コロナ, パニック, 買占め, 品薄, 品切れ, 高騰, 外出禁止
Pocket

南米ペルーで新型コロナウイルス対策のために、大統領令の国家非常事態宣言が発令されました。

その内容としては、2020年3月16日月曜日23:59 から外出禁止ということです。

逆らうと罰金や逮捕もありえます。

新型コロナウイルスの世界感染者と南米ペルーの状況(毎日更新)

すでに、以前の記事で、詳細をご説明したように、
外出禁止令が発表されたのが、2020年3月15日日曜日20:00 だったので、
外出禁止の法令が実際に施工されるまで、約28時間しかなかったというわけです。

クスコでも新型コロナウイルスで買占めパニック品薄、高騰

そのため、すでにご説明したように、ペルーで買占めパニックが起こっていたその現象が
2020年3月16日月曜日は、さらに拍車をかけ、大変な事になっていました。

2020年3月16日月曜日14:00 に、クスコの中心地近くのスーパーマーケットや
サンペドロ市場などや商店などに実際に出向いてみたので、
その様子をご紹介したいと思います。

Había el pánico en Cusco el día antes de la cuarentena.

Había la pelea para comprar el arroz.

There was tha panic before the half day of quarantine.

クスコ中心地近くのスーパーマーケット ORION

ペルー, クスコ, コロナ, パニック, 買占め, 品薄, 品切れ, 高騰, 外出禁止

ペルー, クスコ, コロナ, パニック, 買占め, 品薄, 品切れ, 高騰, 外出禁止

クスコ中心地近くのスーパーマーケット ORION オリオンに、
3月16日14:00ごろに行ってみました。

外出禁止になる約10時間前でした。

スーパーマーケット ORION オリオンの前には、入場制限が設けられておりました。

その入場制限を警察がわざわざ行っていました。

かわいそうに、並んでいたのは、地元クスコ人だけではなく、たくさんの外国人観光客でした。

せっかくはるばる南米ペルーのクスコまで来たにも関わらず、
マチュピチュ遺跡にも、その他の観光地にも行くことが一切できなくなってしまったわけです。

あと約10時間後には、レストランにさえ行くことができなくなり、
自分の故郷にさえも帰ることができなくなり、2週間ホテルに缶詰になるわけです。

基本的に地元ペルー人が購入していたのは、
トイレットペーパー、お米、砂糖、たまごでした。

トイレットペーパーとお米はわかるのですが、
砂糖とたまごを大量に買い占めるのは、ちょっとよくわかりません。

玉子を買い占めても、冷蔵庫がない、もしくは、冷蔵庫があっても
たまごを入れることはないペルー人が玉子を大量購入しても、腐るだけなのです。

さらに、そんなに大量に主食のように玉子や砂糖を家でじっと動かないで食べたら、
違う病気で死にます。

ちなみに、クスコ中央市場のサンペドロ市場のお土産屋さんは閉まっていたのですが、
食料品の場所だけは空いていたので、ステビアを買いにいったのですが、
普通に在庫があり、値段も変わりませんでした。

砂糖がなくて、しかも、あっても高いなら、ステビア買えば良いのに;

PERU RAIL ペルーレイル Estación San Pedro サンペドロ駅

ペルー, クスコ, コロナ, パニック, 買占め, 品薄, 品切れ, 高騰, 外出禁止

ペルー, クスコ, コロナ, パニック, 買占め, 品薄, 品切れ, 高騰, 外出禁止

PERU RAIL ペルーレイル Estación San Pedro サンペドロ駅は、
機動隊によって、封鎖されていました。

大統領令が施工される前にも関わらず、既に、警察、機動隊、軍隊によって、
交通機関や商店が封鎖されていました。

大統領令に反対、反抗する人々が出ることを恐れての強行手段に、
既にある程度乗り出していたというわけです。

まだ出歩いている人に、警察による DNI 身分証明書の提示や職質は、
さすがに行われていませんでした。

商店や市場

ペルー, クスコ, コロナ, パニック, 買占め, 品薄, 品切れ, 高騰, 外出禁止

ペルー, クスコ, コロナ, パニック, 買占め, 品薄, 品切れ, 高騰, 外出禁止

商店や市場は、人でごった返していました。

相変わらずお米や砂糖の購入のために、長蛇の列ができていました。

お米や砂糖は量り売りでした。

お米や砂糖だけでなく、野菜などの値段が高騰していました。

ごった返す人の中で盗みを働く人もいたようです。

喧嘩

買う側も売る側もストレスからかパニックのような現象が起こっていました。

買う側も店を閉めさせられ、ひとまず半月商売を行えない為、
結構もめていました。

コロナウイルスの影響は、世界中で、細部に至るまで、
大きな影響を及ぼしていると言えそうです。

まとめ

自宅出禁の半日前のクスコでは、人がいないところと人がいるところの差が激しかったです。

ほとんどの店は、罰金を恐れ、既に閉められていました。

ただ市場やスーパーなどでは、混乱が見られました。

2週間の外出禁止で終われば良いですが、延長された場合、
混乱はさらに大きくなりそうです。

南米ペルー新型コロナ外出禁止令延長決定クスコ中心地様子

たくさんの地元ペルー人に聞いた新型コロナ外出禁止の影響

南米ペルー新型コロナ外出禁止令さらに厳しくクスコの様子

新型コロナウイルス感染症拡大もペルー気が緩む

南米ペルー外出禁止令から2ヶ月!終息のいつなのか

早く終息して欲しいですね。


にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村



ペルー, クスコ, コロナ, パニック, 買占め, 品薄, 品切れ, 高騰, 外出禁止

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!