南米ペルーでの新型コロナウイルスに感染した人の実体験

ペルー, クスコ, コロナ, ウイルス, 外出禁止, COVID-19
Pocket

南米ペルー新型コロナ外出禁止令が発令され、早2ヵ月半が経過しました。

新型コロナによる外出禁止令は、まるで終わりが来ず、たくさんの人が経済的に厳しい状況で生きています。

それでも、人々は外出禁止令に飽きて、危機感ゼロです。

今回は、首都リマに住む友人から聞いた
実際に新型コロナウイルスに感染した方のお話をしたいと思います。

新型コロナウイルスによる現在までの南米ペルーでの影響

新型コロナウイルスの世界感染者と南米ペルーの状況(毎日更新)

現在までの南米ペルーでの新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の影響については、
上記の記事で毎日情報を更新して、ご紹介していますが、
ペルーでは3月6日に初めて感染者が出たとの発表がありました。

その後、ペルー国内で、買占めなどのパニックが起きました。

クスコでも新型コロナウイルスで買占めパニック品薄、高騰

南米ペルーでは、政府が感染者と死者が少ない時期から事前に
3月17日から非常事態宣言による外出禁止令が発令されました。

そのため、商業施設も含め、全てが早い段階で封鎖、厳戒態勢になりました。

ペルー非常事態宣言・外出禁止令半日前のクスコはパニック

今のところ、ペルーで新型コロナウイルスが確認された人数は、148285人になりました。

死者は、4230人です。

ペルーでは、4月23日までに185238件の検査を実施したとのことです。

そして、5月8日までに約6155人が入院中で、730人が集中治療室にいたとのことです。

3月17日から3月30日までの期間だけで、
外出禁止令を無視した約36000人以上が警察に検挙されたとのことです。

外出禁止令は、6月30日まで延長されることが決まりました。

南米ペルー新型コロナ外出禁止令延長決定クスコ中心地様子

外出禁止令のため、ペルーは死んだ国の様になっていました。

そして、新型コロナウイルスは、様々な形でたくさんの人を苦しめています。

たくさんの地元ペルー人に聞いた新型コロナ外出禁止の影響

ペルーで最大の連休 Semana Santa セマーナ・サンタも、
2020年は、静かなものでした。

南米ペルー新型コロナ外出禁止令さらに厳しくクスコの様子

現在、ペルー北部以外は、朝4時から夕方9時まで、買い物と銀行、病院にだけ外出可能です。

北部は、朝4時から夕方6時まで、買い物と銀行、病院にだけ外出可能です。

日曜日は、誰も外出できません。

マスクと身分証明書の形態は必須です。

新型コロナウイルスによる感染は、
外出禁止令が続いているにもかかわらず、ペルーでは終息するどころか
感染が拡大し、感染がとても多い国の一つになっています。

南米でブラジルに続き、南米で2番目に新型コロナ感染症が拡大している国になります。

見張っている警察がこんな時に少なくなったので、
たくさんの人が自由に出歩き、道端で野菜やフルーツなどを売り始めました。

スーパーでも普通にお酒が買える様になりました。

新型コロナウイルス感染症拡大もペルー気が緩む

ただスーパーには、今でもマスク、アルコールジェルはなく、
そして、それ以外にもハンドソープも品薄の状況でした。

政府は、貧しい人対象の援助金380ソレスに続き、
760ソレスの援助金も行うこととしました。

たくさんの人が、経済面で苦しみ食べ物に困っている状況が見られます。

6月30日まで非常事態宣言が延長されていますが、
警察も軍も見回らなくなったので、人々は結構自由になっています。

5月に入ってからですが、人々は訪問販売や、
道端での販売をたくさん始めました。

ただ近くに買い物に行く際には、
もうマスクをせずに出かける人も多くなってきています。

警察が見張らなくなったからです。

そして、日本では、「密」に気をつけましょう!と言われ、
感染者が少なくなった今でもたくさんの人が気をつけていますが、
ペルーでは、気が緩みっぱなしで、道端で売られている出店などでは、
密が前よりよく見られる様になっています。

4月末の時点で、大きな病院で働いているお医者さんの友人に、
聞いてみたところ、終息はしておらず、
感染者が比較的少ないクスコでも未だ現在進行形の感染者が140名以上、
医療関係者の感染者が30名以上いるため、
緊急の患者以外は、一切病気の診察は受けつかない方針は、
変わらないとのことでした。

感染源は、外出禁止令の最中にも許可されている
市場、銀行、バスとのことです。

原因は、国民の危機感の低さにあると思われます。

警察のいないところでは、普通に近距離で挨拶し、
長い間話し合うからです。

そして、外出後など消毒を個人できちんとし切れていないところや
基本毎日の様に買い物に出かけるところなどでしょう。

空いているお店の種類も多くなりました。

金物屋さんや昼食のテイクアウトを始めたレストランなども多くなりました。

スーパーでは、今更ですが、
顔面にプロテクターを付けて働く人も数人見られました。

しかし、従業員全員ではなく、半数弱だけが付けているという状況です。

外出禁止ではありますが、たくさんの都市部の人が自分の実家に、
帰省するという現象が続いています。

家賃を払えないためです。

ただ国内での移動が多くなってきているので、
感染が終息しはじめている訳ではないペルーにとって、
心配な要素の一つです。

学校に関して、基本リモートの授業ですが、リモートでできていない小学校が結構あり、
そうした学校は、各先生が平日毎日SNSでレッスンを送ってきます。

送ってきたレッスンには、必ず宿題がついており、その日以内に先生に返信しなければなりません。

ただ先生が説明してくれるわけではないので、自主学習、つまり、独学を強いられています。

ペルー, クスコ, コロナ, ウイルス, 外出禁止, COVID-19

ペルー, クスコ, コロナ, ウイルス, 外出禁止, COVID-19

これがその一例です。

中学生の問題です。

クスコに関していえば、現在収穫の時期なので、
収穫期を迎えているじゃがいもなどは、1kg、約33円という
去年と変わらない値段で売られています。

ペルー, クスコ, コロナ, ウイルス, 外出禁止, COVID-19

ペルー, クスコ, コロナ, ウイルス, 外出禁止, COVID-19

南米ペルーでの新型コロナウイルスに感染した人の実体験

首都リマに住む友人と Zoom で話したところ、
新型コロナウイルスに感染した人の実体験を人伝えにはなりますが、
聞くことができました。

その友人のお父さんのそのまた友人に当たる人なのですが、
その70代男性の方が新型コロナウイルスに感染して容態が急変したそうです。

呼吸困難になり、救急車を呼んだそうですが、なんと
病院がキャパオーバーなのか対応してくれず、救急車も来なかったとのことです。

そこで、友人のお父さんに助けを求めて、ご家族から電話があったそうです。

感染の恐れがある中、親切にもそのお父さんは車を出して、
その方を病院に連れて行ってあげたそうです。

なぜなら、タクシーなども感染者を乗せはしないからで、
他に打つ手がなかったからだそうです。

病院でなんとか対応してもらいその方は、一命を取りとめ、回復されているとのことです。

その感染された方のマンションに住んでおられた方も全員感染がその後確認されて、
治療を受けたそうです。

不思議と一緒に住んでいたその方の奥さんだけは、感染しなかったそうです。

友人のお父さんも感染のリスクがあったので、2週間、自宅で隔離されたとのことですが、
感染はしなかったとのことで、お元気とのことでした。

まとめ

衝撃なのが、救急車を新型コロナウイルスの感染で呼んでも来てくれないことです。

今ペルーで新型コロナに感染したり、その他の病気になってしまったら、
死ぬ確率がとても高いということでしょう。

ペルーの南部は感染が少なく、首都、そして、北部での感染が多い状況です。

ペルーで新型コロナウイルスは終息するのでしょうか?

ペルーは、第2派の心配の前に第1派が終息するかわからないです。

アメリカと同じようにかかる人はかかって、死ぬ人は死んで、
抗体がほとんどの人にできたから、OK という方向性にだけにはなってほしくないです。


にほんブログ村 旅行ブログ ペルー旅行へ
にほんブログ村



ペルー, クスコ, コロナ, ウイルス, 外出禁止, COVID-19

ところで!
もうクレジットカードの準備はできていますか?

海外旅行には必須のクレジットカード。海外旅行保険付きで最もお得なカードをランキングにしました。 今、最もお得なカードは三◯住◯VISAカード!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    南米ペルーの首都リマに在住後、北部チクラーヨへ移住。その後、さらに南部インカ帝国の首都クスコへ移住したフリーランスで、「ペルー案内観光」編集者。2013年にペルーに移住。ペルーで知り合った妻と一緒にペルー海外生活奮闘中です!